淹れる手。

今週末、日曜日にあるセミナー♪
「ダージリンをひもとく」
おかげさまで満席となりました024.gif

早々にご予約いただきました皆さまには、感謝の気持ちでいっぱいです040.gif

講師三人によるセミナー。
私は「ダージリンの美味しさを知る」をテーマに、愉しみ方をお伝えすることになっています。
先日、その時に皆さんに飲んでいただく紅茶を淹れてみました。
a0202518_22345265.jpg

紅茶好きの方はもちろん、そうでない方もダージリンの名前は知っておられると思います。ファーストフラッシュとか、セカンドフラッシュとか聞いたことがあると思います。

生産国はインド。
地図で見るとインドの右上にダージリンはあります。
標高が高いところにあり、季節ごとに香り豊かな紅茶ができる、とても素敵なところです。
(行ったことはありませんが…009.gif)

ダージリンティーの特徴でもある、香り。
そして、すっきりと味わい深い渋味。
a0202518_22345338.jpg

そ、それが。
何度淹れても、渋味が香りを越えて出てしまいます007.gif
考えられる原因は、水、お湯の温度、蒸らし時間、私の手。

昔から私が淹れる紅茶は、濃く出てしまうという、淹れる手のくせなのか何なのか…
力強い紅茶になりがちです。
気合い入りすぎかな(笑

紅茶も珈琲も、中国茶も、淹れる手がかわると香りや味わいもかわるんですよ。
不思議ですね。


さて、当日、皆さんに美味しいダージリンティーを愉しんでいただけるよう、もうひと頑張り!です001.gif063.gif



[PR]
by tea_time_creation | 2016-05-18 21:44 | 紅茶のこと | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://ttcreation.exblog.jp/tb/22822781
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< そして♪ ラテアート♪ >>